雨漏りを防ぐタスペーサー??

こちらは今回使った雨漏り予防としてよく使われるタスペーサーの写真です。

 

屋根塗装の話ではよく「縁切り(えんきり)」「タスペーサー」というあまり聞き慣れない言葉がでてきます。

今回はこの2つを簡単にご紹介したいと思います!

 

まず、縁切りとは薄型化粧ストレート屋根(ストレート瓦)、商品名で言うとカラーベストやコロニアルの屋根の塗り替え時に必要な作業で、塗装後の1枚1枚くっついた屋根をカッター等で屋根と屋根の間に隙間を地道に作っていく作業です。雨漏りの対策としてとても大事な作業なのですが、実は行われていないことがかなり存在します。理由は手間がかかる作業であり(時間と手間がかかる=お客様にとってもコストが上がることにつながる)、足場を解体してしまうと分からなくなってしまうからです。つまり縁切りとは、手間がかかるうえに屋根をカッターで傷つけてしまうリスクまであるということです。

 

これらのカッターでの縁切りの問題点を解消したのが、冒頭の写真でご紹介している「タスペーサー」です!!

タスペーサーとはセイム社から販売されている商品の名前です。タスペーサーを挿入することで屋根と屋根との間に隙間が確保されるため、カッターによる縁切り作業をする必要がなくなります。

 

~「縁切り」「タスペーサー」の役割~

①雨漏りを防ぐ

縁切りをする最も大切な理由は雨漏りを防ぐことです!

雨水は、強風時・大雨などの想定外の雨が降った時には構造上屋根材のしたにも入り込むものです。ですから、この雨水をどのように排出するかが重要です。縁切りが必要な薄型化粧ストレートの屋根材は表面に溝があり、この溝は屋根材の下に雨水が侵入した際に排出します。しかし屋根塗装すうことでこの溝を塗装で塞いでしますことがあり、これが雨漏りや屋根下地の腐食に繋がります。

②内部結露を防ぐ

結露は物質の内側と外側に気温差が生じた際に発生します。縁切りで屋根に隙間を作らないと屋根裏で内部結露した水分が溜まってしまい、中の断熱材や木材を腐らせてしまうことになります。

 

~まとめ~

・縁切りは屋根塗装の際に行う欠かせない工程だがカッターによる施工はリスクも多く手間もかかるので省いてしまう業者もいる

・カッターでの縁切りの問題点を解消したのが「タスペーサー」であり、現在はえんきりの工程はタスペーサーで行うことが多い

・タスペーサーを挿入する必要のない場合も存在するのでタスペーサーが見積の項目にない=信頼できない業者というわけではない

 

雨漏りの原因は様々なのでお気楽にご相談ください!

お家や原因に合わせた対策や塗装を行います!


一覧ページに戻る