危険な塗り替えサイン

●外壁・屋根の汚れ(カビ・コケ)・色褪せ

カビやコケは主に、日当たりが悪い箇所をはじめ、屋根材や壁材の含水率が高まった場合に起こる症状です。

「遠くから家を眺めると、全体的に汚れているように見える」
「新築当初より、色が褪せたように感じる」
「緑色の汚れや、黒ずみが気になる」

そう感じたら、そろそろ塗り替え時期かも知れません。
塗膜の防水性が弱り始めている可能性が高いです。

●触ると白い粉がつく(別名:チョーキング)

壁を触ったら、白い粉が付いてしまった経験はありませんか?
この現象を“チョーキング”と言います。
紫外線や熱・水分などにより塗装面が劣化し、塗装の機能を失っている状態。

太陽からの紫外線や、雨・風によって外壁が劣化している証拠です。
チョーキング現象は放っておくと、いずれは、ひび割れや、歪み・反りを起こし、隙間を生じさせてしまいます。

●外壁のひび割れ(別名:クラック)

暴風・大雨・強烈な紫外線など、建物に繰り返し負荷がかかることで、ひび割れが生じます。
ひび割れは、その裂け目から、下地材・躯体部分へ雨水の侵入を許す、大きな要因。
大きいひび割れだけでなく、細く目立たないひび割れ(別名:ヘアクラック)にも、注意が必要です。

建物の耐久性を失い、安全性を脅かす要因にもなりかねませんので、発見された場合はお早めにご相談ください。

●【 意外に見落としがち! 】鉄部のサビ

サビには注意が必要です。
なぜなら建物には、金属製のものがたくさん使われているから。
たとえば、換気扇のダクトや窓枠、ガルバリウム鋼板やトタン屋根・カラーベスト屋根の棟板金・雨樋などです。

このような“SOSサイン”を放置し、塗り替え時期を逃すと、建物の老朽化がどんどん進みます。
いずれは、塗装だけではどうにもならなくなり、大規模な修繕工事が必要に。

外壁塗装は、家の美観性を保たせるだけではありません。
ひどい事態になる前に、未然にフォローしてあげることが、家の寿命を延ばすことに繋がるのです。

一度、お住まいをセルフチェックしてみましょう。
外壁の傷みや劣化を発見したら、我々にご相談いただくことをおすすめします。