暑さ対策【断熱・遮熱】

 

ガイナ塗装を施した方の感想

「夏でも空気がさらっとして、心地がいいですね」 塗布箇所/内壁・天井:約 415㎡、屋根(ルーフィング):約 160㎡、外壁:約 175㎡

「エアコン頼みだった家が遮熱効果でひんやり」 塗布箇所/屋根:300㎡、外壁:180㎡

「2階の暑さが耐えられなかったのが、1階との温度差がなくなり、窓を開けるだけで暑さをしのげます」 塗布箇所/屋根:130㎡、外壁:140㎡

 

ガイナは赤外線を反射します

ガイナのつぶつぶ(球体セラミック)が赤外線を反射屈折させることにより、日本の真夏も快適に。

 

①ガイナの遮熱メカニズム

 

ガイナの球体セラミックに侵入した太陽光に含まれる赤外線は、球体のプリズム効果により、反射と屈折を繰り返し、屋内に侵入するエネルギー量を減少させていきます(左図)。

また、セラミックに配合した遮熱物質が太陽光に含まれる赤外線を反射します(右図)。

 

 

 ②【遮熱実験】建物外部で熱の発生を抑え、室内の温度を下げる

 

 

③内装に施工して冷房効果を高める

室内空気温度がいくら低くなっても、壁・天井の温度が高ければ、熱は室内へ侵入します。

ガイナを内装に施工すると、エアコンをつけたそのときから、エアコンの冷気温度とガイナ表面温度が適応することにより、熱の移動を最小限に抑えます。これはガイナの寒さ対策の時と同じ仕組みですね。内部の気温を一定に保ち冷房の節約をすることができます。

 

まとめ

寒さ対策の時と同様、ガイナが膜になることで熱の均衡化されることによって快適な温度になるということですね。暑さにも寒さにも強いというのは一見不思議な効果ですが、ガイナの球状セラミックはそれを実現させることができます。

 

 

 

 

ガイナは「JAXA COSMODE PROJECT」ブランド商品です。

←ガイナの5大効果を簡単にご紹介します

 

←GAINA【目次】に戻る


一覧ページに戻る