【ガイナQ&A】

 

ガイナ塗装のよくある質問をまとめました

 

【Q1】ガイナを塗ってから効果が出るまでの時間は?

 ガイナはより効果を高めるため、乾燥と共に内部に含まれるセラミックが塗膜表面に集結し、塗膜全体をセラミックで覆うようにして塗膜(効果を発揮する膜)を完成させます。ガイナは塗布直後から効果を発揮し始めますが、乾燥後(3週間~3カ月)の状態になることで十分な性能を発揮するという性質があります。

 

【Q2】ガイナは内装に塗布できる?

 内装に塗ることができます。内装用ガイナは、シックハウスの主な原因とされているホルムアルデヒドに関して、ホルムアルデヒド放散等級分の最高評価であるF☆☆☆☆を取得しています。

(F☆☆☆☆とは)

 

【Q3】ガイナを外壁に塗装すると、夏季に涼しくなるのになぜ冬は寒くならないの?

 ガイナは、屋根・外壁に塗布することで、夏季は太陽の影響を抑え室内を涼しい環境にし、また冬季は断熱の性能を発揮し、室内の暖かさが屋根・外壁から逃げるのを抑えるため、年間を通してその効果を発揮します。

(暑さ対策【断熱・遮熱】)

(寒さ対策【断熱・保温】)

 

【Q4】外壁に塗った場合と室内の壁や天井に塗った場合の違いは?

 夏季の暑さ、冬の寒さへの対応としては、ガイナは特徴として、外部・内部どちらに塗布しても年間を通して効果を発揮しますが、夏季の暑さ対策としては外部への塗布、冬季の暖房効率の上昇効果としては内装に使用することで、より高い効果をえることができます。

 

【Q5】ニオイを抑える原理とは?

 ニオイについては、帯電防止効果とマイナスイオン効果の2つの機能により効果を発揮します。

【帯電防止効果】壁や天井等にニオイや汚れが付着するめかにずむは、壁・天井が静電気を帯びることによって、ニオイ・汚れを引き付けてしまう、ということが一因です。ガイナは塗膜として静電気を帯びない性質を持たせることで、ニオイ、汚れを付着しにくいようにしています。

【マイナスイオン効果】ニオイ物質とは通常、空気との摩擦・電気製品から発する電磁波等により、静電気を帯びることによって空気中で反発を繰り返し、いつまでも浮遊できる状態になります。これが、プラスイオン化している状態です。ガイナを塗布することにより、室内がマイナスイオン優位の環境になり、プラスイオン化したニオイ物質を中和し、浮遊できなくすることで消臭します。

(臭い対策【空気質改善】)

 

【Q6】塗り替えを行う年数の目安は?

 ガイナは特殊セラミックを塗料化したことにより優れた耐久性があり、塗り替えの目安は15~20年となります。一般的に、塗装の塗り替えの目安は、5~10年程度とするものが大半です。

 

【Q7】汚れたり傷ついたりしたときの手入れ方法は?

 ガイナを塗った外壁が汚れた場合、水洗いで清掃できます。ガイナ塗膜自体の付着力は強いのですが、ブラシなどで擦る際は塗膜を傷つけないように加減してください。もし塗装面に傷が着いたときは、一度ご相談ください。

 

まとめ

 よくある質問7つをまとめておきました。これ以外にも気になることやご質問がございましたら、ぜひお問い合わせフォームからご連絡ください。

 

 

 

 

 

ガイナは「JAXA COSMODE PROJECT」ブランド商品です。

←GAINA【目次】に戻る


一覧ページに戻る